世論調査

各共同プロジェクトがアラブ諸国およびイスラエルで実施した全国世論調査の単純集計報告書は以下の通りです。

世界を対象としたニーズ対応型地域研究推進事業「アジアの中の中東:経済と法を中心に(文部科学省委託事業)」

実施期間

  • 2007年6月〜2008年2月(詳細な日程については単純集計報告書を参照)

協力機関

対象者

  • 18歳以上のシリア国民男女1,000人

調査手法

  • アラビア語による個別訪問面接聴取法

標本抽出方法

  • 層化多段抽出法

調査内容

調査結果

中東における政治変動と政治的ステレオタイプの変化に関する研究(平成20年度文部科学省「人文学及び社会科学における共同研究拠点の整備の推進事業」委託費による「イスラーム地域研究」にかかわる共同研究)

実施期間

  • 2008年10月〜2009年3月(詳細な日程については単純集計報告書を参照)

協力機関

対象者

  • エジプト・アラブ共和国全土、18歳以上のエジプト国民男女1,000人

調査手法

  • アラビア語による個別訪問面接聴取法

標本抽出方法

  • 層化多段抽出法

調査内容

調査結果

中東における政治変動と政治的ステレオタイプの変化に関する研究(平成20年度文部科学省「人文学及び社会科学における共同研究拠点の整備の推進事業」委託費による「イスラーム地域研究」にかかわる共同研究)

実施期間

  • 2009年3月〜7月(詳細な日程については単純集計報告書を参照)

協力機関

対象者

  • ヨルダン川西岸、ガザ地区、エルサレムに在住する18歳以上のパレスチナ人男女800人

調査手法

  • アラビア語による個別訪問直接聴取法

標本抽出方法

  • 層化多段抽出法

面接対象者の選定方法

  • エリア・サンプリング

調査内容

調査結果

中東における政治変動と政治的ステレオタイプの変化に関する研究(平成20年度文部科学省「人文学及び社会科学における共同研究拠点の整備の推進事業」委託費による「イスラーム地域研究」にかかわる共同研究)

実施期間

  • 2010年3月〜2010年8月(詳細な日程については単純集計報告書を参照)

協力機関

  • ベイルート研究情報センター(BCRI)

対象者

  • 18歳以上のレバノン人男女800人

調査手法

  • アラビア語による個別訪問直接聴取法

標本抽出方法

  • 層化無作為抽出法

面接対象者の選定方法

  • エリア・サンプリング

調査内容

調査結果

世論調査による中東諸国民の政治意識と政治体制の相互連関の解明(平成23年〜25年度科学研究費補助金(基盤研究(B):23310173))

実施期間

  • 2011年10月〜2011年11月

協力機関

  • ダハフ研究所(Dahaf Institute)

対象者

  • イスラエル国全土、18歳以上のイスラエル国民男女800人

調査手法

  • ヘブライ語、ロシア語、アラビア語による電話調査法

標本抽出方法

  • RDD(無作為番号ダイヤル)方式によるCATIインタビュー

調査内容

調査結果

世論調査による中東諸国民の政治意識と政治体制の相互連関の解明(平成23年〜25年度科学研究費補助金(基盤研究(B):23310173))

実施期間

  • 2011年7月〜2011年12月

協力機関

  • イラク戦略研究所(IIST)

対象者

  • 18歳以上のイラク人男女650人

調査手法

  • アラビア語、クルド語による個別訪問直接聴取法

標本抽出方法

  • 層化無作為抽出法

面接対象者の選定方法

  • エリア・サンプリング

調査内容

調査結果

世論調査による中東諸国民の政治意識と政治体制の相互連関の解明(平成23年〜25年度科学研究費補助金(基盤研究(B):23310173))

**

2011年から中東諸国に広がり今なお持続する「アラブの春」を中東地域の市民がどのように認識しているのか。かかる問題意識から、本プロジェクトではパレスチナとレバノンを対象に同型式の質問紙を用いて同時世論調査を行った。この調査によって、当地の人々が隣国において生じた政治変動をどのように意識し、それぞれの内政と結びつけて評価するのか。その共通性と差異を比較政治的観点から発見することができる(浜中新吾)。

実施期間

  • パレスチナ世論調査(2012) 2012年4月〜2012年6月
  • レバノン世論調査(2012) 2012年4月〜8月

協力機関

対象者

  • パレスチナ世論調査(2012) ヨルダン川西岸(東エルサレムを含む)、ガザ地区に在住する18歳以上のパレスチナ人男女800人
  • レバノン世論調査(2012) 18歳以上のレバノン人男女800人

調査手法

  • アラビア語による戸別訪問面接聴取法

標本抽出方法

  • パレスチナ世論調査(2012) パレスチナ中央統計局2007年度センサスをもとにJMCCが作成したサンプリング台帳に依拠し、確率比例抽出法によって抽出
  • レバノン世論調査(2012) 研究文書相談センターが提供したサンプリング・フレームに依拠し、BCRIが層化無作為抽出法によって抽出

調査内容

調査結果

世論調査による中東諸国民の政治意識と政治体制の相互連関の解明(平成23年〜25年度科学研究費補助金(基盤研究(B):23310173))

実施期間

  • 2013年11月

協力機関

  • エジプト調査訓練センター(The Egyptian Research and Training Center)

対象者

  • エジプト・アラブ共和国在住のエジプト国民男女1,100人

調査手法

  • アラビア語による個別訪問直接聴取法

標本抽出方法

  • 層化無作為抽出法

調査内容

調査結果

世論調査による中東地域の政治秩序と変革の実証研究(平成27年〜30年度科学研究費助成事業(基盤研究(B):15H03308))

実施期間

  • 2016年1月〜2月

協力機関

  • Dialogue調査会社

対象者

  • イスラエル国全土、18歳以上のイスラエル国民男女600人

調査手法

  • ヘブライ語、ロシア語による電話調査法

標本抽出方法

  • RDD(無作為番号ダイヤル)方式によるCATIインタビュー

調査内容

調査結果

世論調査による中東地域の政治秩序と変革の実証研究(平成27年〜30年度科学研究費助成事業(基盤研究(B):15H03308))

実施期間

  • 2016年5月〜9月

協力機関

  • バグダード大学

対象者

  • イラクに在住する18歳以上のイラク国民男女合計800人

調査手法

  • アラビア語、クルド語による個別訪問面接聴取法

標本抽出方法

  • 層化無作為抽出法、エリア・サンプリング

調査内容

調査結果

「アラブの春」後の中東における非国家主体と政治構造(2015年4月~2017年度科学研究費補助金(基盤研究(B):15H03132))

実施期間

  • 2015年9月〜2016年4月

協力機関

  • シリア世論調査研究センター(SOCPS、在ダマスカス)

対象者

  • シリア・アラブ共和国に在住する18歳から65歳までのシリア国民男女1,625人

調査手法

  • アラビア語による個別訪問面接聴取法

標本抽出方法

  • 層化二段階抽出法

調査内容

調査結果

  • 単純集計報告書(CMEPS-J Report No.3)
  • Report of Simple Tally of “Middle East Public Opinion Survey (Syria 2016)”(CMEPS-J Report No.4)

実施期間

  • 2016年12月〜2017年4月

協力機関

  • シリア世論調査研究センター(SOCPS、在ダマスカス)

対象者

  • シリア・アラブ共和国に在住する18歳から65歳までのシリア国民男女1,500人

調査手法

  • アラビア語による個別訪問面接聴取法

標本抽出方法

  • 層化二段階抽出法

調査内容

調査結果

実施期間

  • 2016年12月〜2017年6月

協力機関

  • NOVUS調査会社(在ストックホルム)

対象者

  • ストックホルム、マルメに住む18歳以上のシリア、イラク、パレスチナ出身者。シリア人は2011年以降、イラク人は2003年以降に移住した者であること。パレスチナ人については制約を設けない。回答総数は364。

調査手法

  • アラビア語による質問票を用いた面接方式(PAPI method)と、Webサイトを通じて募った回答者に対する質問票への回答。

標本抽出方法

  • マルメで6校、ストックホルムで6校のSFI学校、Järfälla(ストックホルム)のイマーム・アリー・イスラミック・センターで聞き取り調査を行った。パレスチナ人の調査対象数を補うため、インターネットサイトを通じた調査を行った。

調査内容

調査結果

調査期間

  • 2017年10月~11月

協力機関

  • INFAKTO

対象者

  • トルコの7県に在住するシリア難民の男女812人

調査手法

  • アラビア語による戸別訪問直接聴取法

標本抽出方法

  • 地元当局と調整の上街区を選定、各街区からKish tableを用いて3つの通りを選定し、通りごとにランダムに4件のインタビューを実施

調査内容

調査結果