General Study on Non-Political Actors in the Arab East / 東アラブ地域の非公的政治主体に関する総合的研究:「アラブの春」の政治変動を中心に

Grant-in-Aid for Scientific Research (B) 21310179 (2012-2014) / 平成24年〜26年度科学研究費補助金(基盤研究(B) 21310179)

Summary / 研究概要

This study, focusing on “unofficial political actors” that emerged and became reactivated under the political changes in Arab world called as “The Arab Spring”, intended to elucidate the impacts made by their activities in the politics of Arab East countries. Its field surveys and information collection activities conducted by a part of researchers and others during the study period placed particular importance on the detailed understanding of the activities of “unofficial political actors” instead of forcibly interpreting the movements in the politics of the Arab East countries in recent years under the paradigms such as “democratization” and “war of terror”. Then, this study found that “unofficial political actors” that had been originally expected to complement functions of state actually further undermined them.

Source: Grants-in-Aid for Scientific Research Databese

**

本研究は、「アラブの春」と呼ばれるアラブ世界での政治変動のもとで台頭・再活性化した「非公的政治主体」に着目し、その営為が東アラブ地域諸国の政治にどのような影響を与えているかを解明することをめざした。
研究期間中に研究分担者らが実施した現地調査、情報収集においては、近年の東アラブ地域諸国の政治の動静を、「民主化」や「テロとの戦い」といったパラダイムのなかに押し込めて捉えるのではなく、「非公的政治主体」の営為を綿密に把握することに特に力点を置いた。そして、研究の結果、国家機能を補完することを期待されていたはずの「非公的政治主体」が、国家機能のさらなる弱体化を招いていることが明らかとなった。

出所:科学研究費助成事業データベース

Members / 研究構成員

Principal Investigator / 研究代表者

Co-Investigators / 研究分担者

  • Kota SUECHIKA (College of International Relations, Ritsumeikan University) / 末近浩太(立命館大学国際関係学部)
  • Aiko NISHIKIDA (Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa, Tokyo
    University of Foreign Studies)  / 錦田愛子(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所)

Outcomes / 研究成果

Updated in July 2018 / 2018年7月更新