Non-State Actors and Political Structure in the Post-“Arab Spring” Middle East / 「アラブの春」後の中東における非国家主体と政治構造

Grant-in-Aid for Scientific Research (B)15H03132 (2015-2017) / 平成27年〜29年度科学研究費補助金(基盤研究(B) 15H03132)

Summary / 研究概要

This research project focuses on the unrest brought by the Arab Spring to the Middle East, and aims to reveal the actual state of the political structure constructed by the non-state actors, which have gained power amid the unrest, and major political actors of the countries that have become “weak states.” Specifically, it pays particular attention to the political movement in the Arab East countries and clarifies the relationship between the non-state actors and the organizations, which have led the politics in these countries within the existing state framework such as the army, security agencies, political parties and political organizations, and NGOs, as well as revealing the influence that such a relationship has on the political and social stability of the region.

Source: Grants-in-Aid for Scientific Research Databese

**

本研究は「アラブの春」と称される政治変動が中東地域にもたらした混乱に着目し、そのなかで台頭を遂げる非国家主体(アクター)と、「弱い国家」となった各国の主要な政治主体が織りなす政治構造の実態を解明することを目的とした。具体的には、「アラブの春」波及後の混乱がもっとも深刻な東アラブ地域諸国の政治の動静に焦点を当て、シリア、イラクで勢力を伸張する「イスラーム国」、レバノンのヒズブッラー、パレスチナのハマースといった非国家主体がいかなる組織かを把握したうえで、既存の国家枠組みのなかで政治を主導してきた軍、治安機関、政党・政治組織、NGOなどとどのような関係を築いているのか、そしてこの関係が各国および東アラブ地域の政治や社会の安定性にいかなる影響を与えているのかを明らかにした。

出所:科学研究費助成事業データベース

Members / 研究構成員

Principal Investigator / 研究代表者

Co-Investigators / 研究分担者

  • Kota SUECHIKA (College of International Relations, Ritsumeikan University) / 末近浩太(立命館大学国際関係学部)
  • Aiko NISHIKIDA (Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa, Tokyo University of Foreign Studies)  / 錦田愛子(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所)
  • Dai YAMAO (Faculty of Social and Cultural Studies, Kyushu University) / 山尾大(九州大学大学院比較社会文化研究院)

Outcomes / 研究成果

Updated in July 2018 / 2018年7月更新