Comprehensive Study on Political Actors in Contemporary Arab East / 現代東アラブ地域の政治主体に関する包括的研究:非公的政治空間における営為を中心に

Grant-in-Aid for Scientific Research (B) 21310157 (2009-2011) / 平成21年〜23年度科学研究費補助金(基盤研究(B) 21310157)

Summary / 研究概要

This study, with paying close attention to the “unofficial” political spaces developing beyond the legal system of respective countries located in the Arab East or their domain as a sovereign state, collected the information regarding political actors engaging in various activities in the said spaces and continuously disclosed it on the webpage, etc. Also, based on the collected information, the articles listed in “5. Major Published Papers, etc.” were published for demonstrating that mukhabarat, resistance, shabiha, government-led NPOs, etc. were assuming decisive roles in the politics in the Arab East.

Source: Grants-in-Aid for Scientific Research Databese

**

本研究は、東アラブ地域各国の法制度ないしは主権国家としての領域を超越して展開する「非公的」政治空間に着目し、そこで繰り広げられる政治主体に関する情報を収集し、ホームページなどを通じて継続的に公開した。また収集した情報をもとに、「5.主な発表論文等」で列記した論文・論考を発表し、ムハーバラート、レジスタンス、シャッビーハ、官制NPOなどが同地域の政治において決定的な役割を担っていることを論証した。

出所:科学研究費助成事業データベース

Members / 研究構成員

Principal Investigator / 研究代表者

Co-Investigators / 研究分担者

  • Kota SUECHIKA (College of International Relations, Ritsumeikan University) / 末近浩太(立命館大学国際関係学部)

Outcomes / 研究成果

Updated in July 2018 / 2018年7月更新