Research on Political Changes and Political Stereotypes in the Middle East / 中東における政治変動と政治的ステレオタイプの変化に関する研究

Joint Research on “Islamic Area Studies” Commissioned by Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT)’s “Promotion Project of the Development of Joint Research Center in Humanities and Social Sciences” (2008) / 平成20年度文部科学省「人文学及び社会科学における共同研究拠点の整備の推進事業」委託費による「イスラーム地域研究」にかかわる共同研究

Summary / 研究概要

本研究プロジェクトは、中東地域の政治をめぐる既存の研究(時事分析的・現代史的研究、[比較]政治学的研究)動向を踏まえつつ、そこでの政治の行方を決定するうえで決して無視することのできない人々の政治意識が近年の政治変動のなかでいかに再構成されたのかを解明し、地域の政治の将来を展望する手がかりを提供することを目的とする。ここでいう政治意識とは、対象地域の人々の政治への関心の有無を意味するものではなく、彼らが自国の政府、政治主体、社会的諸集団、さらには諸外国の政治における役割をどのように認識・評価しているのかを意味する。すなわち、本研究プロジェクトは、中東で暮らす人々が国内外の政治主体に抱いている政治的なステレオタイプの変化のありようを解明することをその主たる研究課題とする。

上記の目的を達成するため、本研究プロジェクトは、時事的な情報収集、現地の識者、政治指導者との面談、一般の人々を対象としたインタビュー調査といった調査手法に加えて、現地研究機関との協力(調査委託)に基づく全国規模の(ないしは包括的な)直接面談方式による世論調査とその計量分析を行う。これまで中東の政治分析においては、同地域が概ね権威主義体制下に置かれてきたがゆえに、先進欧米諸国で確立した世論調査の手法は不適切だとみなされてきた。だが、近年の調査により、権威主義体制を敷く政権が政策決定に先だって世論調査を含むきわめて多様な手段を通じて情報収集を行っていることが明らかになっており、同手法とその計量分析を共同研究の基軸に据えることは、地域の政治主体の目線にたったより現実的な分析を可能とする。なおこれまでしばしば指摘されてきた、情報操作による調査結果の誤差については、本共同研究を構成する地域研究者の現地経験を踏まえて実態との乖離を説明し、誤差をもたらした情報操作の政治的含意を明らかにできると考える。

Members / 研究構成員

Supervisor / 研究統括者

Co-Investigators / 研究分担者

Research Collaborators / 研究協力者

    • Yutaka TAKAOA (Sophia University) / 髙岡豊(上智大学イスラーム地域研究機構研究補助員)
    • Dai YAMAO (Research Fellow, Japan Society for the Promotion of Science) / 山尾大(日本学術振興会特別研究員(PD)、東京外国語大学)
    • Masaki MIZOBUCHI (Sophia University) / 溝渕正季(上智大学大学院グローバル・スタディーズ研究科、日本学術振興会特別研究員(DC))

Other Collaborating Institutions and Researchers / そのほかの機関・研究者

Outcomes / 研究成果

Updated in April 2008 / 2008年4月更新