Roles of the Informal Actors in Reconstruction and/or Destruction of the State: Case Studies of the Arab East / 東アラブ地域の非公的政治主体による国家機能の補完・簒奪に関する研究

New project page, “Roles of the Informal Actors in Reconstruction and/or Destruction of the State: Case Studies of the Arab East,” has been launched in Research Projects. ** 新プロジェクト「東アラブ地域の非公的政治主体による国家機能の補完・簒奪に関する研究」のページを研究プロジェクトに立ち上げました。 Roles of the Informal Actors in Reconstruction and/or Destruction of the State: Case Studies of the Arab East / 東アラブ地域の非公的政治主体による国家機能の補完・簒奪に関する研究

“Comprehensive Study on Political Actors in the Contemporary Arab East,” “General Study on Non-Political Actors in the Arab East” and “Non-State Actors and Political Structure in the Post-“Arab Spring” Middle East” / 「現代東アラブ地域の政治主体に関する包括的研究:非公的政治空間における営為を中心に」、「東アラブ地域の非公的政治主体に関する総合的研究:「アラブの春」の政治変動を中心に」、「「アラブの春」後の中東における非国家主体と政治構造」

Following three research projects have been added to Research Projects. Comprehensive Study on Political Actors in the Contemporary Arab East General Study on Non-Political Actors in the Arab East Non-State Actors and Political Structure in the Post-“Arab Spring” Middle East ** 以下三つのプロジェクトを研究プロジェクトに追加しました。 現代東アラブ地域の政治主体に関する包括的研究:非公的政治空間における営為を中心に 東アラブ地域の非公的政治主体に関する総合的研究:「アラブの春」の政治変動を中心に 「アラブの春」後の中東における非国家主体と政治構造 Research Projects / 研究プロジェクト

Shingo HAMANAKA, Yutaka TAKAOKA and Masaki MIZOBUCHI, “A Linkage between Domestic and International Politics in the Battlefield” / 浜中新吾・髙岡豊・溝渕正季「紛争地帯での国内政治と国際政治の連関」

Shingo HAMANAKA, Yutaka TAKAOKA and Masaki MIZOBUCHI’s “A Linkage between Domestic and International Politics in the Battlefield” has been published in Leviathan (No. 58, 2016). ** 浜中新吾・髙岡豊・溝渕正季著「紛争地帯での国内政治と国際政治の連関」が『レヴァイアサン』(第58号、2016年)で公刊されました。 主な刊行物・研究成果

Hiroyuki AOAMA and Masaki MIZOBUCHI, trs. “Interpretation of Opinion Survey in Lebanon” / 青山弘之・溝渕正季訳「レバノン世論調査結果解読:キリスト教徒にとってアウン氏が大統領候補1位」(CMEPS-J Report No. 2)

Hiroyuki AOAMA and Masaki MIZOBUCHI’s translation of Beirut Center for Research & Information’s paper, “Interpretation of Opinion Survey in Lebanon” (CMEPS-J Report No. 2), has been published in Publications. ** 青山弘之・溝渕正季が訳したベイルート調査情報センターのレポート「レバノン世論調査結果解読:キリスト教徒にとってアウン氏が大統領候補1位」(CMEPS-J Report No. 2)を主な成果物・研究成果で公開しました。 主な刊行物・研究成果