「現代東アラブ地域の政治主体に関する包括的研究:非公的政治空間における営為を中心に」、「東アラブ地域の非公的政治主体に関する総合的研究:「アラブの春」の政治変動を中心に」、「「アラブの春」後の中東における非国家主体と政治構造」

以下三つのプロジェクトを研究プロジェクトに追加しました。

研究プロジェクト

Aiko NISHIKIDA, Shingo HAMANAKA, Yutaka TAKAOA, et.al. “Report of Arab Refugee Survey in Sweden (2016)” (CMEPS-J Report No. 12)

「アラブ系移民/難民の越境移動をめぐる動態と意識:中東と欧州における比較研究」(科学研究費補助金(基盤研究(B) 26283003)が研究プロジェクト「世論調査による中東地域の政治秩序と変革の実証研究」とともにAiko NISHIKIDA, Shingo HAMANAKA, Yutaka TAKAOA他著“Report of Arab Refugee Survey in Sweden (2016)”  (CMEPS-J Report No. 12)を世論調査で公開しました。

https://cmeps-j.net/ja/opinion_surveys

髙岡豊・浜中新吾「中東における紛争による越境移民に関する世論調査:トルコ在住シリア人の世論調査報告」(CMEPS-J Report No. 11)

髙岡豊(研究責任者)・浜中新吾(作成者)「中東における紛争による越境移民に関する世論調査:トルコ在住シリア人の世論調査報告」(CMEPS-J Report No. 11)を主な刊行物世論調査で公開しました。

https://cmeps-j.net/ja/products

https://cmeps-j.net/ja/opinion_surveys

研究プロジェクト「中東諸国民の国際秩序観」会合

研究プロジェクト「中東諸国民の国際秩序観:政治的認知地図を通じたアプローチ」(平成29年度龍谷大学社会科学研究所研究プロジェクト)が2017年10月27日に龍谷大学で第1回研究会合を開催し、簡単な議事録を研究プロジェクトで公開しました。

World Order from the People’s Perspective in the Middle East: A New Approach of the Political Mental Map

General Research on Cross-Border Migration Related to Conflict in the Middle East: Report of the Syrian Refugee Survey in Turkey (2017) (CMEPS-J Report No. 9)

研究プロジェクト「中東の紛争地に関係する越境移動の総合的研究:移民・難民と潜入者の移動に着目して」が“General Research on Cross-Border Migration Related to Conflict in the Middle East: Report of the Syrian Refugee Survey in Turkey (2017) (Grant-to-Aid for Scientific Research (B) 16H03307)”(CMEPS-J Report No. 9)を主な刊行物で公開しました。

Publications