ワリード・ムアッリム死去を受けてファイサル・ミクダードが外務在外居住者大臣に任命(2020年11月22日)


シリアのバッシャール・アサド大統領は2020年11月22日に政令第322号を施行し、11月16日に死去したワリード・ムアッリム外務在外居住者大臣(兼副首相)の後任としてファイサル・ミクダード外務在外居住者副大臣を外務在外居住者大臣に任命した。

第2次フサイン・アルヌース内閣(2020年11月22日外務在外居住者大臣交代)

Country Files

Zoomシンポジウム「トルコのコロナ禍とシリア難民:世界難民の日に寄せて」

トルコ・シリア関係は、2020年に入って新たな変化の兆しを見せた。2~3月、両国はイドリブ県で交戦、その結果、トルコが支援する反体制派の支配地は大きく縮小し、国内避難民(IDPs)が急増、難民流入の危機が囁かれた。こうした動きはコロナ禍によって膠着し、現在に至っているように見えるが、両国情勢は今後どのように推移するのか。本シンポジウムは、シリアをめぐる戦いにおける最大の被害者である難民・IDPsが翻弄され続けるさまに着目しつつ、両国の政治の現状を明らかにする。

開催日時・場所

  • 2020年6月20日(土曜日)19:00~21:30
  • Zoom(登録制・参加費無料)

*参加を希望される方は、biladalsham[a]tufs.ac.jpに連絡頂ければ、ZoomミーティングのURL、ID、パスワードをお送りします。

登壇者

司会

プログラム

  • 18:50:開場
  • 19:00-19:15:開会挨拶+「シャーム研」の活動について(青山)
  • 19:15-20:15:報告1「コロナ危機下におけるトルコの現実主義外交と理想主義的外交」(今井)
  • 20:15-21:15:報告2「コロナ禍後のシリア難民:トルコの安全地帯構想の現在とシリアの動き」(髙岡)
  • 21:15-21:30:ディスカッション

主催

科学研究費助成事業「東アラブ地域の非公的政治主体による国家機能の補完・簒奪に関する研究」(基盤研究(A) 18H03622)

浜中新吾・青山弘之・髙岡豊編著『中東諸国民の国際秩序観:世論調査による国際関係認識と越境移動経験・意識の計量分析』

浜中新吾・青山弘之・髙岡豊編著『中東諸国民の国際秩序観:世論調査による国際関係認識と越境移動経験・意識の計量分析』が2020年3月15日に晃洋書房より公刊されました。

英語版「「中東世論調査(トルコのシリア難民2019)」単純集計報告書」(Report of Simple Tally of “Middle East Public Opinion Survey (Syrian Refugees in Turkey 2019)”、CMEPS-J Report No. 52)

研究プロジェクト「東アラブ地域の非公的政治主体による国家機能の補完・簒奪に関する研究」の研究成果「「中東世論調査トルコのシリア難民2019)」単純集計報告書」(CMEPS-J Report No. 51)の英語版「Report of Simple Tally of “Middle East Public Opinion Survey (Syrian Refugees in Turkey 2019)”(CMEPS-J Report No. 52)」(PDF版HTML版)を主な刊行物 / Publicaitonsで公開しました。

主な刊行物

「「中東世論調査(トルコのシリア難民2019)」単純集計報告書」(CMEPS-J Report No. 51)

研究プロジェクト「東アラブ地域の非公的政治主体による国家機能の補完・簒奪に関する研究」の研究成果「「中東世論調査トルコのシリア難民2019)」単純集計報告書」(CMEPS-J Report No. 51)(PDF版HTML版)を主な刊行物 / Publicaitonsで公開しました。

主な刊行物