Zoomシンポジウム「トルコのコロナ禍とシリア難民:世界難民の日に寄せて」

トルコ・シリア関係は、2020年に入って新たな変化の兆しを見せた。2~3月、両国はイドリブ県で交戦、その結果、トルコが支援する反体制派の支配地は大きく縮小し、国内避難民(IDPs)が急増、難民流入の危機が囁かれた。こうした動きはコロナ禍によって膠着し、現在に至っているように見えるが、両国情勢は今後どのように推移するのか。本シンポジウムは、シリアをめぐる戦いにおける最大の被害者である難民・IDPsが翻弄され続けるさまに着目しつつ、両国の政治の現状を明らかにする。

開催日時・場所

  • 2020年6月20日(土曜日)19:00~21:30
  • Zoom(登録制・参加費無料)

*参加を希望される方は、biladalsham[a]tufs.ac.jpに連絡頂ければ、ZoomミーティングのURL、ID、パスワードをお送りします。

登壇者

司会

プログラム

  • 18:50:開場
  • 19:00-19:15:開会挨拶+「シャーム研」の活動について(青山)
  • 19:15-20:15:報告1「コロナ危機下におけるトルコの現実主義外交と理想主義的外交」(今井)
  • 20:15-21:15:報告2「コロナ禍後のシリア難民:トルコの安全地帯構想の現在とシリアの動き」(髙岡)
  • 21:15-21:30:ディスカッション

主催

科学研究費助成事業「東アラブ地域の非公的政治主体による国家機能の補完・簒奪に関する研究」(基盤研究(A) 18H03622)

浜中新吾・青山弘之・髙岡豊編著『中東諸国民の国際秩序観:世論調査による国際関係認識と越境移動経験・意識の計量分析』

浜中新吾・青山弘之・髙岡豊編著『中東諸国民の国際秩序観:世論調査による国際関係認識と越境移動経験・意識の計量分析』が2020年3月15日に晃洋書房より公刊されました。

英語版「「中東世論調査(トルコのシリア難民2019)」単純集計報告書」(Report of Simple Tally of “Middle East Public Opinion Survey (Syrian Refugees in Turkey 2019)”、CMEPS-J Report No. 52)

研究プロジェクト「東アラブ地域の非公的政治主体による国家機能の補完・簒奪に関する研究」の研究成果「「中東世論調査トルコのシリア難民2019)」単純集計報告書」(CMEPS-J Report No. 51)の英語版「Report of Simple Tally of “Middle East Public Opinion Survey (Syrian Refugees in Turkey 2019)”(CMEPS-J Report No. 52)」(PDF版HTML版)を主な刊行物 / Publicaitonsで公開しました。

主な刊行物

「「中東世論調査(トルコのシリア難民2019)」単純集計報告書」(CMEPS-J Report No. 51)

研究プロジェクト「東アラブ地域の非公的政治主体による国家機能の補完・簒奪に関する研究」の研究成果「「中東世論調査トルコのシリア難民2019)」単純集計報告書」(CMEPS-J Report No. 51)(PDF版HTML版)を主な刊行物 / Publicaitonsで公開しました。

主な刊行物

シンポジウム「IS(イスラーム国)とUS(アメリカ)がいなくなったシリアはどこへ向かうのか」が開催される

去る11月10日(日曜日)、東京外国語大学本郷サテライトにてシンポジウム「IS(イスラーム国)とUS(アメリカ)がいなくなったシリアはどこへ向かうのか」が開催され、シリア支援団体ピース・オブ・シリア(Piece of Syria)の中野貴行代表と東京外国語大学の青山弘之教授が、シリアでの人道支援や政治情勢の現状そして今後の展望について講演しました。

会場には40人が来場し、講演の様子はIWJ(Independent Web Journal)Ch5で生中継されました。

また、時事通信社より「「IS後」シリアどうなる アサド政権、復興画策:都内でシンポ」(2019年11月11日)が配信されました。

 

**

IS(イスラーム国)とUS(アメリカ)がいなくなったシリアはどこへ向かうのか
シリアに魅せられたNGO代表と研究者が語る

 

趣旨

アメリカは「国際社会最大の脅威」と目されてきたIS(イスラーム国)のバグダーディー指導者を殺害したと発表しました。これに先だって、米国はISに対する「テロとの戦い」を行うとして派遣していた部隊をシリア北東部から撤退させ、クルド民族主義勢力の支配下にあった同地はトルコの侵攻、シリア・ロシアによる勢力拡大といった事態に直面しています。シリアは今どこに向かおうとしているのでしょうか? 本シンポジウムでは、シリアに長期滞在経験があるNGO代表と研究者が現状をどのように理解し、これにどう対処すべきかを考えていきたいと思います。

日時

2019年11月10日(日曜日)15:00~17:00

場所

東京外国語大学本郷サテライト4Fセミナールーム
〒113-0033 東京都文京区本郷2-14-10

登壇者

中野貴行
大阪生まれ。神戸市外国語大学卒、商社、フィリピン支援NGOボランティアを経て、シリアで青年海外協力隊として活動。2015年よりシリア周辺国10カ国を周り、難民となったシリア人や支援団体から話を聞く。2016年からシリア支援団体 Piece of Syria(http://piece-of-syria.org)を立ち上げる。シリア国内の教育支援、トルコでシリア難民支援、日本各地で写真展・講演活動を行なう。

青山弘之
東京生まれ。東京外語大学卒、一橋大学院修了後、シリアのダマスカス・フランス・アラブ研究所共同研究員、JETROアジア経済研究所研究員を経て現職。「シリア・アラブの顛末記」(http://syriaarabspring.info/)、「現代中東政治研究ネットワーク(CMESP-J.net)」(http://cmeps-j.net/)を運営。編書に『シリア情勢:終わらない人道危機(岩波新書)』(岩波書店、2017年)などがある。

プログラム

15:00-15:10 開会
15:10-15:50 中野報告
15:50-16:00 質疑応答
16:00-16:40 青山報告
16:40-18:00 クロストーク+質疑応答

会費

無料

問い合わせ先

E-mail:biladalsham[a]tufs.ac.jp

主催

文部科学省科学研究費補助金基盤研究(A)「東アラブ地域の非公的政治主体による国家機能の補完・簒奪に関する研究」

Piece of Syria(ピースオブシリア)

協力

Team Beko